坐骨神経痛の治し方

根性坐骨神経痛と腰椎性坐骨神経痛|坐骨神経痛の治し方まるごとナビ

坐骨神経痛の治し方まるごとナビ>坐骨神経痛の種類>根性坐骨神経痛と腰椎性坐骨神経痛

根性坐骨神経痛と腰椎性坐骨神経痛

根性坐骨神経痛は、通常「坐骨神経痛」と呼ばれているものです。
腰椎の関節や筋肉、または靭帯が傷ついたりすることにより、坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこる神経痛のひとつです。

主に椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多いそうです。


ある女性の方は若いころから腰痛があったのですが、右足のすね部分が冷えたり痛みが出ると整骨院でマッサージをしてもらっていました。しかし、マッサージをして一旦楽になっても、すぐに元に戻ってしまいます。

ストッキングを2枚も履いてその上からさらにハイソックスを履いて温めるぐらいしか方法が見つからずに苦しんできました。


そんなときに教えてもらったのが、腰椎ヘルニアとか根性坐骨神経痛による神経麻痺は血行不良が原因なので整骨では治す事が出来ないということでした。

そこで整形外科へ行って検査を受けて治療をすることになり、現在はビタミン剤の服用をしています。今はまだ様子見の段階ですが、気のせいか少し改善したような気がしているそうです。

ヘルニアであれば椎間板を正規の位置に戻す手術を行うのですが、この女性のような根性坐骨神経痛には、整骨院でのマッサージや電機は浪費だと言われたそうです。

腰椎性坐骨神経痛へ移行

また別の方の話ですと、椎間板ヘルニアが原因の根性坐骨神経痛だったのが、腰椎性坐骨神経痛に移行したという人がいます。

この方は痛みや痺れが右足に出て、右足のお尻の部分からくるぶしまで凄い痛みで普通に歩けなかったそうです。


痛みが軽くなってから運動をするように勧められて、軽い運動をしているようですが、コルセットなどはしないように言われたとのことです。コルセットなどをしていると、逆に筋肉が弱くなってしまうです。どうしても腰に負担がかかってどうしようもないときだけに、予防的に行うくらいがいいそうです。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional