坐骨神経痛の治し方

坐骨神経痛の種類|坐骨神経痛の治し方まるごとナビ

坐骨神経痛の治し方まるごとナビ>坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛の種類

神経痛は、坐骨神経痛ばかりではありません。

顔がゆがんだり痛みがある「顔面神経痛(三叉神経痛)」もそうですし、「帯状疱疹後神経痛」や「糖尿病性神経障害に伴う痛み・しびれ」他「三叉神経痛」など、様々な神経痛があります。

手の指が痺れたり、夜間に傷んだりするものには「神経手根管症候群」があります。この症状も痛くて夜中に目が覚めてしまうほどです。
 ⇒神経手根管症候群の体験談


坐骨神経痛の痛みは辛いもので、痛みは体の異常を知らせる信号と言われますが、人間にとって必要なものといえます。
痛みでも、体の一部分だけピンポイントで痛む場合は悩みやストレスなどの神経から来ている場合が多いそうです。神経が病気でなくても痛ませるのですから、神経の不思議さを思わずにはいられません。神経痛は病名ではなく症状なのですから、体のあらゆる部分に表れます。

坐骨神経痛の中でも様々な種類があります。ここでは種類別に紹介しています。



根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛

坐骨神経の付け根の部分が圧迫されることにより痛みが発生するのが、根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛です。その原因や症状どういったものでしょう。体験談も交えて紹介しています。


梨状筋性坐骨神経痛

股関節の外側にある梨状筋の緊張によって、神経が圧迫されおしりの周辺が痛むことを言います。坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアか梨状筋症候群かと言われるほどです。このような症状の場合、治療にはどんな方法があるのでしょう。


症候性坐骨神経痛

坐骨神経痛は神経が圧迫される事が原因とされていますが、それ以外の原因の分からない坐骨神経痛のことを症候性坐骨神経痛というそうです。痛みを伴う上に、原因が分からないというのはやっかいですよね。症候性坐骨神経痛の特徴ってないんでしょうか。


腰部脊柱管狭窄症

若い人から高齢者まで、坐骨神経痛で悩んでいる人は幅広い年齢層でいらっしゃいます。高齢者の坐骨神経痛に関連する痛みで一番多いのが腰部脊柱管狭窄症と言われています。この腰部脊柱管狭窄症は重症化すると治療も困難になるそうですが、いったいどのような症状が出るのでしょうか。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional