坐骨神経痛の治し方

坐骨神経痛とは?|坐骨神経痛の治し方まるごとナビ

坐骨神経痛の治し方まるごとナビ>坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは?

 坐骨神経痛とは

一般によく使われる言葉に「坐骨神経痛」という言葉がありますが、坐骨神経痛という言葉は病名ではなく体に出た症状の名前です。


坐骨神経痛の痛みは他の病気の痛みですから、坐骨神経痛の痛みを解消するには、痛みの原因となっている病気を治さなくてはなりません。


痛みの原因となる病気

痛みを起こさせている原因となっている病気には、
「椎間板ヘルニア」「脊椎管狭窄症」「脊椎すべり症」「脊椎分離症変形性腰椎症」
「腰部椎間板症」「梨状筋症候群」「脊椎腫瘍」「骨盤内腫瘍」
などがありますが、この他にもまだまだ痛みの原因となっている病気があります。


体の中を走っている坐骨神経の場所は、お尻周辺から太ももの裏側の部分です。この神経は皮膚の表面に一番近くを走っています。

椎間板ヘルニア他、たくさんの病気の中から起こっている痛みは、最初はお尻周辺なのですが、徐々にお尻から太ももへ、そして足から足先へと、痺れるような痛みが広がっていきます。

圧迫されている度合いが強いほど痛みも強いものになります。


坐骨神経痛の痛みの強さは並大抵でなく、近所の70歳少し過ぎた方は、手足のしびれと痛みで段々に食欲もなくなり、痛いながらも歩いていたのが布団から出られなくなり、家の人に病院へ連れて行ってもらったのですが、顔面蒼白で汗を流しながら歩いて行ったそうです。

その方の坐骨神経痛歴は6年と長く、食欲がなくなったのは3年ほど前だそうです。骨が崩れて圧迫して痛みを起こしているそうですが、整形外科に行っても効果がなく、接骨院や鍼灸などで痛みだけを抑えているという状態だそうです。

坐骨神経痛の手術

治すのに難しい坐骨神経痛なのですが、近年、骨にセメントを注入する手術が開発されました。その手術を受けた人が次の日には普通に歩けたというドキュメントをテレビでやっていました。

長年坐骨神経痛で苦しんでいる人にとっては朗報といえますが、手術の機械が特殊でかなり高額な機械なので、置いてある病院が少なく順番待ちだそうです。



坐骨神経痛の薬

坐骨神経痛で病院へかかると薬を処方されます。その薬とはどんな種類のものがあるでしょうか。また、その薬はどんな効果があるのうでしょう。薬で改善できるならそれにこしたことはないのですが・・・


坐骨神経痛と正座

最近では、食事をするのもダイニングテーブルであったり、くつろぐのもソファーであったりと、以前に比べると床に座る機会も減ってはきました。しかし、時には正座をしないといけない場面もありますよね。坐骨神経痛で正座は大丈夫?正座と坐骨神経痛の関係とは。


坐骨神経痛と椎間板ヘルニア

坐骨神経痛といえばイメージとして椎間板ヘルニアがセットでついてきますが、椎間板ヘルニアとはいったいどのようなものでしょうか。症状としてはぎっくり腰と同じような症状だそうですが、その違いとは。


坐骨神経痛の手術の方法

坐骨神経痛には様々な治療法があるようですが、その中に手術という選択もあります。坐骨神経痛で手術が必要なのはどういった場合でしょうか。手術の方法もそうですが、その手術で完治するのかどうかが気になるところですね。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional